2008年07月04日

パディーの誕生日

7月4日、今日はパディーの誕生日だ。

今日はパディーの写真を載せようと思ったのに、数枚しかなくてさびしかった。
実家からもっともってくればよかったなぁ。


ULZ4dpKj.jpg


誕生日だから楽しい思い出を書こうと思ったけれど。
これも残念なことに、あまり思い浮かばない。

だから今日は忘れないうちに、うれしい思い出を残そうと思う。



姉が留学した最後の1ヶ月半。
パディーとあまり向き合えなかったわたしにとって、チャンスでもあったし、今思えば贈り物のようでもあった。



夕方。
学校から帰ってバイトに行く前、散歩をするのが日課だった。
散歩といっても、近所の芝生を1周するだけのトイレ散歩。

時間はあったのに、もっとたくさん歩けば良かった。

わたしが庭に入る音に、気合を入れるようにワンっと一声吠えることがあった。
この一声がうれしかった。

散歩後は、気持ちよさそうに庭の芝生にからだをこすりつけたり、止まらない勢いで走り回る。
散歩中はおとなしいのに、この時間が楽しそうに見えた。



夕ごはん。
作っているのを見ながら、よだれを床にダラダラたらす。
パディーがガツガツ食べている間に、床をふいた。



夜。
わたしは基本夜更かしだから、パディーはとっくに眠ってしまっている。
わたしが寝るとき、呼んだだけでは絶対に起きてくれないから、寒くても大好きな氷でつった。
ガラガラと氷を取る音を聞くと、むくっと起き上がってくれる。

2階に行く急斜面な階段。
パディーが落ちたら大変と、いつも両手でお皿をつくってパディーのすぐ後ろを上った。

わたしの部屋に入ると、まっすぐ自分の毛布の上で寝る。
パディーの上に毛布をかけてなでた。

一度だけなかなか寝てくれなくて、困ったことがあったっけ。

8年間も一緒に暮らしていたのに、パディーの寝息がとても大きいことをはじめて知った。
それが可愛くって、次の朝、友達に話したのを覚えている。


     cMHh2pQz.jpg


朝。
パディーはじっとわたしを見て待っている。
わたしの目が覚めるまで、絶対に起こしたりしなかった。
目が合うと、しっぽをブリブリ振って顔をなめてくれた。

またしても、急な階段。
パディーがすっころがっても平気なように、必ずリードをつけて下りさせた。
いつも危なっかしそうに下りるから、もしものときはリードを引っ張ろうとか思っていた。

リビングに入るとわたしの役目は終わり。

パディーは可愛く朝のあいさつを母にする。



この1ヵ月半で、はじめてパディーと少し打ち解けた気がする。
もっと一緒に過ごせたら、もっともっと仲良くなれたかもしれない。

でもこの最後の時間は、わたしにとってとても大切な時間となった。

もし、この時間がなかったら、もっと後悔したことだろう。



それでも時間が経つと、本当に記憶は薄れていく。

1ヶ月半毎日していたことなのに、うまく思い出せなかった。

きっともう忘れてしまったことがあるだろう。
パディーのちょっとした表情とかしぐさとか。




8回もあった誕生日、一度もおめでとうなんて言ったことがないと思う。

いつだったか、母が「今日はパディーの誕生日だからゴハンに牛肉のせたよ」と言うのを、ふーんと横目で見ていたのを覚えている。



年をとらなくなってから、誕生日を意識するのはおかしいけれど。

今日は、生まれてくれてありがとう。 ZksvupN1.jpg
うちに来てくれてありがとう。    







にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ニックネーム yui at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

生後6ヶ月の日に思うこと

今日はカイトが生まれて6ヶ月の日ぴかぴか(新しい)

やっと半年、でももう半年だ。


今日の体重は5,8キロ犬(笑)
増え方が緩やかになってきた。


最近、成長したなぁと思うことがよくある。


R6upztnn.jpg

カラダだけじゃなくって心も大人になってきたみたい顔(笑)






hLDxDSU4.jpg
                    生後1ヶ月


姉が携帯で送ってくれたときの写真だ。

このときはうちに迎えられるなんて思ってもいなかった。
でも赤ちゃんたちが可愛くて、何度も何度も見返していた。
どのコもとっても可愛かったけれども、
一番目だっていたのは、顔の模様が左右アンバランスなカイトだった。




y299lSds.jpg
             生後1ヶ月半



実家に遊びに行き、先生のところで赤ちゃんたちを見せてもらったときのこと。
ほんとに小さくて可愛かったなぁるんるん

もしも、うちのコになるなら・・・
母も姉もカイトだけはないと思っていたようだ顔(イヒヒ)

4匹のなかでも、他のコのお耳をかじっていて、強そうな感じがしたからだった。
(結局、全然強いコじゃなかったけど。)
10年前、
同じように強そうだったパディーを選んで、子犬時代に大変な思いをしたことがあった。



カイトに決まったとき、もちろんうれしい気持ちでいっぱいだった。
わたしは「あいつかぁ」なんて笑って見せたけど、不安な気持ちも大きかった。
(なにしろ、わたしは全くドスのきかない性格だし、母は犬にも甘いからたらーっ(汗)


iMZrLqzy.jpg
              生後2ヶ月と1週間           



カイトがうちに来てから、
ひとりにされると泣き叫んで悲鳴をあげるのに困り果てた顔(なに〜)
それでも、すぐに愛着がわいてしまった。



今では、最後に残ってくれたのがカイトで本当に良かったと思う。

大切な赤ちゃんを、うちに譲ってくださった先生方には本当に感謝です。





昨日、散歩で久々わんこに出会った。

eCyMJA_a.jpg

年齢を尋ねると、なんと17exclamation×2
とっさに、パディーのちょうど二倍だ〜なんて思ってしまった。

17歳といっても、すごく可愛くてなんだか感激しちゃったるんるん



カイトにもいっぱい長生きしてほしい。
なにより、ず〜っと元気四葉でいてほしい。





  にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ左ランキング参加中です。
                  ぽちっと応援お願いしますカメ
ニックネーム yui at 15:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする